ゴルフの飛距離をのばすストレッチトレーニング

ドライバーの飛距離を伸ばし隊あまりに、どうしてもクラブを強く握ってしまい、スイングの際につい大きく振り回してしまう方もいらっしゃいますが、基本はあくまでリラックスした体勢で身体にとって無理のない気持ちのいい軌道を描くことが大切です。良いスイングの軌道を作るためには、しっかりと体の軸を意識しながら、体幹をうまく使ってボディターンさせる必要があります。そのためには筋肉の柔軟性が求められてくるのです。飛距離を伸ばすために、スポーツジムで腕や上半身を必死になってトレーニングされる方もいらっしゃいますが、上半身に筋肉をつけたからと言っていきなり飛距離が伸びるわけではありません。筋肉を柔軟に保ってこそ、鍛えた筋肉が効率的に使われてより力強いスイングへと繋がっていくのです。実際のスイングの練習も大切ですが、練習前には柔軟性を上げるストレッチトレーニングを十分に行ってください。クラブを両腕で首の後ろで支えて、体を出来るだけ左右にひねります。バックスイングやフォロースルーポジションまで回転してみましょう。この時大切なのは、ゆっくりと呼吸をしながら無理なく行うことです。次にクラブを持ったまま両腕を高く上げて、背筋に力を込めてぐっと反らしてください。元に戻したら今度は身体をそのまま左右共に横に倒していていきます。こういったトレーニングに使うクラブですが、初心者の方でもだんだんと慣れてきましたら、少しウエイトのあるトレーニング用のクラブをご利用になってみるのもいいでしょう。さらに上手にボディターンをするには、上半身だけではなくて下半身のひねり具合も大切です。そのためには股関節を常に柔軟にしておく必要があるのです。床に座って足を大きく開き、お相撲さんの様に股割りをする習慣をつけてみましょう。これらのストレッチを継続して続ける事で、飛距離アップに繋がります。しかし、加齢で体が硬くなり思うようにスイングできない、飛距離が伸びないという方は高反発ドライバーを使うのも一つの手です。どのクラブが良いかは、「高反発ドライバーが飛ぶ」などのサイトで調べてみるといいでしょう。